【機能性壁紙】抗菌・汚れ防止

汚れのメンテナンスも簡単手軽に!

表面層の抗菌フィルムが水分や汚れの浸透を抑えます。拭き取りやすくいつも清潔でいられる壁紙です。構造

ご使用おすすめ空間

抗菌

抗菌剤を添加した壁紙で、壁紙の表面に付着した細菌の増殖を抑制します。

抗菌性試験

壁紙工業会制定の「抗菌壁紙性能規定」に準拠。

試験方法

試験菌液を抗菌剤加工壁紙、未加工壁紙それぞれに添加し、24時間放置後の生菌数を測定する。

判定基準

24時間後の生菌数が「<0.63」の性能を有する商品に「抗菌」の表示ができます。

試験菌試験開始時生菌数35℃環境下で24時間後の生菌数
抗菌剤無添加抗菌剤を添加
大腸菌3.8×1052.1×107<0.63
黄色ブドウ球菌2.3×1051.2×105<0.63

抗菌剤を添加した壁紙の菌数が0.63以下に減少したことをあらわしています。

使用上のご注意

汚れ防止

表面に特殊フィルムをラミネートした壁紙です。付着した汚れを水や中性洗剤で拭き取ることができます。

汚れ防止性能試験

壁紙工業会制定の「汚れ防止壁紙性能規定」に準拠。

試験方法

4種類の汚染物を 規定された通りに商品に付着させて汚し、24時間放置する。
【コーヒー、醤油、クレヨン、水性サインペン】
24時間後、指定の除去剤で汚染物を拭き取る。
さらに1時間置き、汚れの付着度合いを目視で判断する。

判定方法

汚染用グレースケールを用いて、汚れを拭き取った部分と汚れが付着していない部分とを比較して、下表の判定基準に基づいて評価します。

判定基準

4級以上の判定を受けた商品を合格とし、「汚れ防止」表示ができます。

等級判定基準
5級汚れが残らない
4級ほとんど汚れが残らない
3級やや汚れが残る
2級かなり汚れが残る
1級汚れが濃く残る
汚染物除去剤汚れ防止壁紙一般壁紙
コーヒー53〜4
醤油53〜4
クレヨン中性洗剤4〜53〜4
水性サインペン中性洗剤4〜53〜4

汚れ防止壁紙のメンテナンス方法 注意点

汚れ防止壁紙の施工注意点

「スーパーハード 抗菌・汚れ防止」の特注事項

※各種機能性データは、実測値であり保証地ではありません。気象条件(温度や湿度)や使用場所により数値には変動があります。

製品ラインアップ

ホーム フレッシュプレミアム リフォームプロ 不燃認定壁紙
※当サイト上の画像は画面による再現ですので、色、柄や縮尺などについてはサンプルまたは実物貼りの見本帳でご確認の上、商品の決定を行ってください。

 ▲