改正建築基準法に基づくシックハウス対策品と自主管理制度

建築基準法の改正について

2003 年 7 月 1 日建築基準法が一部改正されシックハウス対策の規定が加わりました。これはシックハウスの原因とされる化学物質類の室内濃度低減のため、建築物に使用する建材や換気設備を規制する法律です。対象は住宅、学校、オフィス、病院等全ての建築物の居室となります。

居室を有する建築物は、その居室において政令で定める化学物質の発散による衛生上の支障がないよう、建築材料および換気設備について政令で定める技術的基準に適合するものとしなければならない。

(建築基準法第 28 条の 2 居室内における化学物質の発散に対する衛生上の措置)
※「倉庫」「トイレ」「浴室」「廊下」など、常時「人の居住しないことが明白」なものは除外されます。
但し、「トイレ」「廊下」が換気対策上の換気経路となっている場合は居室としてみなされます。

シックハウス対策の技術的基準について

「技術的基準の政令 第 393 号」が告示され、2003 年 7 月 1 日施行となりました。

  1. 規制対象物質
    クロルピリホス及びホルムアルデヒドとする。
  2. クロルピリホスに関する建築材料の規制
    居室を有する建築物には、クロルピリホスを添加した建材の使用を禁止する。
  3. ホルムアルデヒドに関する建築材料及び換気設備の規制
    ① 内装仕上げの制限 ② 換気設備設置の義務付け ③ 天井裏などの制限

ホルムアルデヒド発散速度性能に基づく壁紙の種別区分について

告知で定める壁紙は、そのホルムアルデヒド発散速度に応じて次の 4 つの種別に区分されますが、図表のとおりJIS 規格大臣認定に基づき規制対象外となっております。

告示で定める
建築材料の性能区分
規制対象外
※第 1 〜第 3 種よりも上位の性能を備えた建築材料
ホルムアルデヒド発散建築材料
第 3 種第 2 種第 1 種
ホルムアルデヒド発散速度
(チャンバー法数値)
5 µg/㎡h 以下5µg/㎡h 超〜
20µg/㎡h 以下
20 µg/㎡h 超〜
120 µg/㎡h 以下
120 µg/㎡h 超
少ない ←→ 多い
ホルムアルデヒド
対策マーク
(等級区分)
F☆☆☆☆F☆☆☆F☆☆対策マーク表示不可
壁紙の種類JIS 認証
大臣認定品
内装仕上の制限使用制限無し使用面積が制限される使用禁止

JIS規格の改正について

シックハウス対策に関わる建築基準法の改正に伴うホルムアルデヒド規制値を床面積に対して無制限に壁紙が使用できるJISの規制値にすることを目的としてJIS A 6921(壁紙)が改正されました。

JIS A 6921 改正内容

  1. ホルムアルデヒド放散量の規定値を変更
    これまでのデシケーター法規定値「0.5mg/L 以下」を「0.2mg/L 以下」へと厳しくした。
  2. 有効巾の表記を変更
    多様な有効巾の商品が生産販売されることから、これまで限定していた有効巾を「原則として 520mm・920mm・460mm とする」とした。
    変更部分は「原則として」を追加したもの。
  3. ホルムアルデヒドの放散量試験の定量を変更
    複数あった試験方法を「光電分光光度計」のみとした。
  4. 表示についての項目を追加した
    ホルムアルデヒド放散量の等級区分「F☆☆☆☆」マークを表示する。

一般社団法人 日本壁装協会の自主管理制度について

日本壁装協会では改正建築基準法に対応させるため、対策壁紙の「品質の表示」と「管理責任の範囲」を明確に取り決めた自主管理規定を構築しました。
これは規定に定めた「製品情報ラベル」を表示運用することで「製造メーカーより出荷される商品(正反)」と「流通過程でカットされて販売される商品」それぞれのホルムアルデヒドの性能担保を行う自主管理制度です。なお製品情報ラベルはホルムアルデヒド発散等級の確認および、日本壁装協会・壁紙品質情報管理システムに登録を行った商品のみ表示することができ、性能情報を使用者に対して、適切に伝達することを目的とし「壁紙製品の包装上に貼り付け」されるものです。

製品情報ラベル

主に製造メーカーより出荷される壁紙(正反)に貼り付けされるもので、JIS 製品大臣認定品の2つの様式があります。

シックハウス対策品ラベル

主に流通過程でカットして販売される壁紙には、日本壁装協会シックハウス対策品ラベルが貼り付けられます。
※シックハウス対策品ラベルは、出荷ラベル(品番、ロット、数量、販売会社名)とセットで貼り付けます。

F☆☆☆☆

シックハウス対策壁紙の登録確認書発行について

今回の建築基準法令などでは、確認申請の段階には「使用建築材料表で告示対象建材の等級を明示」するだけでよく、個々の商品に対する「JlS、国土交通大臣の認定等の別」を特定する必要がないとされています。従って今後は、現場関係者各位の要請に応えて提出しておりました各種証明書等が、日本壁装協会の検索システムで管理されている「壁紙品質情報管理システム登録確認書」によって一元化され、的確な情報を迅速に提供できるものと考えております。

シックハウス対策壁紙の情報は、日本壁装協会の検索システムにより確認できます。

この検索システムでは JIS 並びに大臣認定に関するシックハウス情報や、防火の認定情報も商品番号から容易に検索でき、印刷ボタンにより印刷、およびダウンロードすることができます

  1. シックハウス対策壁紙はこちら = 建築基準法による、シックハウス対策壁紙の等級表示(JIS または大臣認定による規制対象外 = F☆☆☆☆)等が確認できます。
  2. 防火壁装材料はこちら = 国土交通大臣の認定による防火壁装材料の認定番号と防火性能が確認できます。

パソコン・携帯電話からの検索

http://www.wacoa.jp/Hekisou/

※当サイト上の画像は画面による再現ですので、色、柄や縮尺などについてはサンプルまたは実物貼りの見本帳でご確認の上、商品の決定を行ってください。

 ▲