【機能性壁紙】表面強化

一般の壁紙に比べて破れにくく、キズつきにくい壁紙です。

ご使用おすすめ箇所

表面強化性能

表面強化性能試験

壁紙表面層を専用の金属製のツメでひっかいたときのキズ付き程度に等級をつける業界規定です。4級以上の商品を合格とし、「表面強化」表示ができます。

試験方法

JIS-0849で規定する摩擦試験機II型を用い、所定の摩擦子(荷重200g)を取り付け試験片の上を5往復させ、その傷付き程度を目視で判定する。

判定基準

等級判定基準
5級一見視で特に変化が見られない。
4級多少表面傷が見られるが、比較的大きな表面層の剥がれ等が見られない。
3級表面層の破れが明確に見える。
2級表面が破けて紙等の裏打材が明らかに見える。(長さ1cm未満)
1級表面が破けて紙等の裏打材が明らかに見える。(長さ1cm以上)
スクラッチテスター

抗菌・汚れ防止 スーパーハード

一般ビニール壁紙と比較し、3〜6倍の強度を持つ抗菌・汚れ防止壁紙です。(汚れ防止性能:4級以上)
さらに一般表面強化壁紙より、表面強度が高い壁紙です。

スーパーハード比較 表面強化試験(ルノン自社基準)

壁紙工業会規定の「表面強化試験」を用い、摩擦子への荷重を2倍の400gにした状態で摩擦子を100往復以上行っても明確に表面層の剥がれが見られない壁紙を「スーパーハード」とする。

品種性能
(表面層がはがれ裏打紙が露出した回数)
ルノンスーパーハード壁紙100回以上
抗菌・汚れ防止壁紙(表面強化)50回
撥水・表面強化壁紙(低発泡品)31回
一般的なビニール壁紙1回
※当サイト上の画像は画面による再現ですので、色、柄や縮尺などについてはサンプルまたは実物貼りの見本帳でご確認の上、商品の決定を行ってください。

 ▲