施工①[19版]

汚れ防止壁紙

施工注意

施工前に、製品番号、製品規格、色、ロット、数量を確認してください。

【製品特性上のご注意】

特殊なフィルムを表面に貼り合わせていることで、一般ビニール壁紙と異なる施工方法を必要とします。
一般ビニール壁紙と比較して施工難易度が高いため、施工費が割り増しになる場合があります。

■下地処理

モルタル下地のアクによる変色やフクレを防ぐため、必ずシーラー処理をお願いします。
特に低温時にはフクレが起きやすいのでご注意ください。
コーナー材は穴あきタイプを使用し、エチレン酢ビ系補強用接着剤の捨て糊をするなどの処理をお願いします。
耐水ボード下地は吸水性が低く接着剤が浸透しにくいため、特に貼り合わせ部に補強用接着剤の捨て糊をするなどして接着性を高めてください。

■接着剤

接着剤は濃い目のもの(6 〜 7割希釈)を使用し、特に低温時は、補強用接着剤を併用してください。

■オープンタイム

糊付け後はシワに注意して大きくたたみ、折りシワがつかないよう上積みは避けてください。糊付け後、20 〜 30分のオープンタイムをとってから施工をしてください。低温時はさらに長めにとることでフクレを抑えます。ただし長くとりすぎると折れシワの原因になりますのでご注意ください。

■圧着(貼り付け)

水分やエアが抜けにくく、フクレが起きやすいため、丁寧に圧着し、エア抜きを十分に行ってください。

■汚れ

施工後は、表面に付着した接着剤や汚れをしっかりと拭き取ってください。
拭き残しは変色の原因になります。

■その他

スーパーハード抗菌・汚れ防止壁紙は、材質が硬く凹凸の比較的少ないシート壁紙のため、下地処理はより平滑に行い、圧着は樹脂ヘラを使うなどして、より丁寧にエア抜きをしてください。

施工②[19版]

濃色商品

施工注意

施工前に、製品番号、製品規格、色、ロット、数量を確認してください。

【製品特性上のご注意】

濃色商品は、ひっかきキズや、施工糊の付着・拭き残し、拭き取りによるツヤ差やキズが目立ちやすいため、特にご注意をお願いいたします。

■撫で刷毛

撫で刷毛は、毛足の長い(毛長30mm位)、柔らか目の物を使用し、壁紙表面が傷まないよう丁寧なエア抜きをお願いします。

■ローラー掛け

ローラー掛けは、柔軟性(硬度50度位)のあるソフトウレタン製の、幅の広い(75mm位)物をご使用いただき、きつく掛けないようお願いいたします。

■接着剤

表面に施工用接着剤を極力付着させないでください。
万一、付着した場合は、きれいなスポンジを、清水を浸した状態にして、優しく押すようにして接着剤成分を浮きだたせ、乾いた布で軽く叩くようにして取り除いてください。
布などで強く擦るように拭くと、印刷面の形状が変質し、色が抜けたようなムラが生じます。一度変質した印刷面は戻りません。丁寧なお取扱いをお願いいたします。
また、付着した接着剤を放置すると、変色の原因になります。付着箇所がツヤ差のように見えます。

施工③[19版]

通気性壁紙

施工注意

施工前に、製品番号、製品規格、色、ロット、数量を確認してください。

【製品特性上のご注意】

通気性壁紙は、構造上、接着剤塗布後の水分の乾燥が速いため、一般ビニール壁紙よりも早めの施工をお願いします。
オープンタイムは10 〜 15分、施工可能時間は30分を目安に施工をお願いいたします。
また、糊つけの際、糊の成分と水分が通気層を通して表面層(化粧層)側に浸透するため、表面層の色味が一時的にかわる、表面層に若干、粘着性を感じるなどの症状が出ますが、施工後、水分の乾燥とともに、この症状は消えます。

【構造】

通気性壁紙は、一般ビニール壁紙とは異なる構造により、室内の湿気が石膏ボードなどの下地側まで、透湿する壁紙です。
一般ビニール壁紙は、全面にビニール樹脂(ゾル)がコーティングされていますが、通気性壁紙には、このコーティングがなく、裏打ち紙に直に柄のみが印刷されており、裏打紙がむき出しになっている箇所が存在することで、室内側と下地(躯体側)間の通気性、透湿性を有しています。
そのため、裏打ち紙に塗布した接着剤の水分が表面層(化粧層)に浸透し乾燥しやすい点や、一時的に色味の変化など、施工時のご注意が必要になります。

【イメージ図】

施工④[19版]

空気を洗う壁紙®珪藻土プラス/オレフィンプラス

施工注意

【製品特性上のご注意】

珪藻土プラスは主素材に天然石の骨材を使用しています。
オレフィンプラスは主素材にオレフィン系プラスチック発泡シートの端材を粉砕したオレフィンチップを使用しています。
特殊素材のため、一般ビニール壁紙とは異なる施工を要します。
加工特性上、化粧層の粒が欠落する場合がありますのであらかじめご承知おきください。
撫で刷毛やローラーかけは表面をキズつけたり、粒子が極力欠落しないよう、丁寧に行ってください。

■下地処理

下地の素材に合わせて専用のシーラー処理をしてください。

■接着剤

接着剤は、酢ビ系補強用接着剤混入タイプのでんぷん糊をご使用ください。
糊付け後は大きくたたみ、上積みは避けてください。

■オープンタイム

オープンタイムは5 〜 15分が目安です。現場環境に合わせて調整をしてください。
オープンタイムを長く取りすぎると水分が乾燥し、あい剥ぎの原因になります。

■圧着(貼り付け)

表面に糊が付かないようにご注意ください。変色などの原因になります。
ジョイント施工は端部同士で行ってください。端部と中央部では色差が生じる場合があります。
ジョイント部カットの際、下地を傷つけないよう下敷きテープなどのご使用をおすすめします。
カッターは、鋭利な状態で使用してください。
加工特性上、化粧層の粒が欠落する場合がありますのであらかじめご承知おきください。
撫で刷毛やローラーかけは表面をキズつけたり、粒子が極力欠落しないよう、丁寧に行ってください。
3幅ぐらい施工後、問題のないことを確かめて作業にかかって下さい。
商品に欠陥が見られた場合には、施工を中断し、販売元までご連絡をお願いします。三幅以降の施工代賠償については、原則としてお受けいたしかねますことをご了承願います。
施工後は、急激な温度変化は避け自然乾燥して下さい。

施工⑤[19版]

ルノン フリース壁紙

施工注意

施工前に、製品番号、製品規格、色、ロット、数量を確認してください。

【製品特性上のご注意】

本品は、ポリエステル繊維を混紗した不織布を使用しております。
商品の性質上、ロット間、及び 見本帳サンプルと実物(現品)に色濃淡の差があります。
また、色による左右差が若干ございますので、予めご了承ください。

【施工上のご注意】

■下地処理

表面が平滑な商品ですので、より丁寧な下地処理をお願いします。
合板、モルタル下地などの吸水性が高い下地には、施工前にシーラー処理を行い、充分乾燥させた後に施工してください。
シーラー処理を行わない場合、接着力不足、変色などの不具合が発生する可能性があります。

■糊付け、オープンタイム

でんぷん系接着剤、セルロース系接着剤のどちらもご使用になれます。
※セルロース系接着剤(AGスペシャル)ご使用には別のお取扱いのご注意がございます。
商品の性質上、透湿性が高く水分の浸透、乾燥が速いため、塗布量が少ないと接着力不足による不具合の原因となります。
素材の特性上、水分による巾方向の伸縮がほとんどなく、寸法安定性に優れています。
接着剤の水分が馴染んだところですぐに施工が可能です。

■貼り付け

ジョイントは「突きつけ施工」をお薦めします。
一般ビニール壁紙よりも若干硬いため、「重ね切り」で施工される場合は、石膏ボードの表層紙を切らないよう、下敷きなどを使用して、充分に注意して施工してください。
エア抜きは確実に行ってください。
貼り付け時は、色落ち、表面の毛羽立ちの原因となりますので、表面を強くこすらないでください。
壁紙表面に接着剤が付かないようにご注意ください。接着剤が付着した場合は、直ちに清水で硬く絞った布などで、軽く叩くようにして拭き取ってください。
施工後の急激な乾燥は避けてください。
透湿性が高いため、接着剤の水分により一時的に表面の色が変化する場合がありますが、乾燥すると元に戻ります。

施工⑥[19版]

フリース専用接着剤(AGスペシャル)のご使用について

■特性

専用接着剤(AGスペシャル)を使用することで、剥がし貼り替えの際に、下地に紙を残さずに、壁紙をきれいに剥がすことが可能になります。
※前の壁紙の裏打ち紙やでんぷん質が残った古い下地に施工した場合は、剥がしにくくなる場合があります。うまく剥がせない場合は、スポンジなどに水を含ませ、壁紙を濡らすことで、剥がし易くなります。

■主成分

「メチルセルロース」を主成分としており、一般に使用されている「でん粉系接着剤」とは異なります。建築基準法「ホルムアルデヒド発散建築材料」の「告示対象外」の材料ですので、F☆☆☆☆の表示はされておりませんが、使用面積制限を受けることなく使用できます。

■作製(粉糊)

粉糊のため、水で撹拌してペースト状にします。でんぷん糊とは異なる使用方法を必要とします。容器に4リットルの水を入れ、かき混ぜ棒などで円状の水流を作ります。水流のあるうちに本品一箱を一定のスピードで流し込みます。成分を均一にするため、一箱分全てを入れてください。1分ほど一定のスピードで優しく撹拌し、いったん止め、4 〜 5分放置します。その後、再度攪拌して、均一なペースト状の接着剤になります。
※力強くかき混ぜたり、かき混ぜ続けると粉が均一に混ざらずダマが出来ます。一度できたダマは直ぐには無くなりませんのでご注意をお願いします。ダマが出来た場合は、24時間以上放置し、攪拌機で再度混ぜると均一になります。

■糊付け

塗布量は150g 〜 160g/㎡を目安にお願いします。
本品一箱で20 〜 25㎡の施工が可能です。
糊付け機での塗布が可能ですが、糊の作製は面倒でも一箱ずつ行っていただきますようお願いします。
透湿性が高く、施工可能時間が非常に短くなります(目安は10分以内)。従って、付け置きをせず糊付けしたものから順次施工するようにしてください。横伸びが殆どありませんので、糊付け直後から施工が可能です。
寸法安定性に優れていますので、多めの塗布や下地側に接着剤を塗布する「向こう糊」での施工も可能です。

■保管

密閉容器に保管してください。濃度が変化しますと剥がしの際の剥離性能に影響します。
保管中に糊が分離する場合がありますので、使用前に必ず攪拌してください。

■注意事項

用途以外に使用をしないでください。
子供の手が届かないところに保管してください。
本品は粉末のため、投入時に飛散する場合があります。目に入った場合は、清水で15分以上洗浄してください。誤飲した場合は、口内を直ちに洗浄し、コップ1 〜 2杯の水を飲ませ、無理に吐き出させず、直ちに医師の診断を受けてください。

施工⑦[19版]

「ディズニープレミアムコレクション」及び「ディズニープレミアムコレクションFG(フェアリーグラス)」シリーズは、国内の一般住宅の壁紙としての使用に限定したライセンス商品です。商業目的に使用することはできません。

【ディズニー フェアリーグラス 施工注意書】

化粧層にガラスビーズや無機質系骨材などの特殊素材を使用したフリース素材の壁紙です。
一般ビニール壁紙とは異なるお取扱い、施工方法が必要な商品です。

■素材の特性上のご注意

▲シワに注意 ▲付け溜め禁止
(オープンタイム5 〜 15 分)
▲ガラスビーズの裏面残り
(ガラスビーズは若干零れ落ちます。)
両耳スリット加工

素材の特性上、一度ついたシワは戻りません。

化粧層にシワが付かないよう丁寧なお取扱いをお願いします。

接着剤の塗布後、水分による製品の伸縮がほとんどありません。糊付け後は5 〜 15 分程度で壁紙がやわらかくなりますので、付け溜めをせずできるだけ一枚ずつ速やかに施工を行ってください。

施工中ガラスビーズが裏面に残っていないか遠目から随時確認してください。裏面に入っている場合は、壁紙をめくり速やかに取り除いてください。めくるのが困難な場合は、あて布をあて、上から軽くたたいてください。

(叩くことは石膏ボード下地のみ、完全乾燥前のみ可能です。目立たないところで試してから作業を行ってください。)

【ガラスビーズ使用品番】

RPS-1101、RPS-1102、RPS-1105、RPS-1106、RPS-1107、RPS-1108、RPS-1109、RPS-1110、RPS-1113、RPS-1114

重ね切りジョイント施工の難易度が高いため、あらかじめ両耳をスリット加工していますので、突きつけ施工をお願いいたします。

RPS-1111, RPS-1112, RPS-1113,

RPS-1114 は耳が付いていますが、スリットし突きつけ施工をおすすめします。

■共通ご注意事項

① 下地調整
② 接着剤
大きくたたむ きつくたたむ 上積み
③ ジョイント施工
④ ローラー掛け/糊汚れ
⑤ 三幅くらい施工してから使用

三幅くらい施工後、問題のないことを確認した上で、作業を進行してください。商品に欠陥が見られた場合には、施工を中断し、販売元までご連絡をお願いします。三幅以降の施工代賠償については、原則としてお受けいたしかねますことをご了承願います。

⑥ 施工後の換気など

施工中、及び施工後2 〜 3日は、自然換気を十分に行ってください。
施工後、急激な冷暖房の使用は、急激な湿温度変化によるハガレ、目隙きの原因になりますので、避けてください。

※当サイト上の画像は画面による再現ですので、色、柄や縮尺などについてはサンプルまたは実物貼りの見本帳でご確認の上、商品の決定を行ってください。

 ▲