抗アレルゲン壁紙 アレルブロック®

専門家も抑制効果を実証!

電気泳動法によるアレルブロック® のアレルゲン抑制確認試験

試験物質

  • スギ、ヒノキ、カモガヤ、ブタクサ、シラカバ花粉アレルゲン
  • イヌ、ネコの表皮に含まれるアレルゲン
スギ
スギ
ヒノキ
ヒノキ
カモガヤ
カモガヤ
ブタクサ
ブタクサ
シラカバ
シラカバ
イヌ
イヌ
ネコ
ネコ

試験内容

電気泳動法では、アレルゲンが存在していると、染色により紫色のライン(バンド)が出ます。左(モバイルでは上)の画像で、ブランクおよび、未加工品と反応させたアレルゲン溶液では、バンドが出ており、アレルゲンが残存していることが確認できました。
一方で、加工品と反応させたアレルゲン溶液にはバンドが存在せず、アレルゲンが抑制されていることが確認できました。

  • ブランク … アレルゲン溶液原液の状態
  • 試験方法 … SDS-PAGE 電気泳動法
ブタクサ花粉の抑制性能試験

信州大学繊維学部 木村睦教授へのインタビュー

アレルブロック®の有効性は?

アレルギー症状は、そのしきい値を超えなければ症状が現れないのが特徴です。例えば、しきい値を 100 とした場合、100 未満であれば発症せず、100 以上になると発症するということです。つまり発症しない環境をつくるために、この壁紙を利用することは有効だと思います。
ダニアレルゲンには働きかけるが、植物アレルゲンには働きかけないものや、その逆が多い中で、この薬剤は無機質(天然鉱物)のため、ダニも植物も働きかけるのが特徴です。さらに空気中を対流しているアレルゲンが壁紙に吸着し、一度付いたら離さない性質があります。
一度吸着されたアレルゲンは壁紙から放出されることはないことを確認しました。

抗アレルゲン剤(アレルブロック®)による、各アレルゲンのたんぱく質量低減を、電気泳動法により確認しました。これにより、抗アレルゲン剤(アレルブロック®)の植物性アレルゲンに対する抑制効果が明らかになりました。

製品ラインアップ

ホーム フレッシュプレミアム リフォームプロ

(各見本帳に掲載中のアレルブロック® カテゴリーをご覧頂けます)

アレルブロック® コンテンツ

抗アレルゲン剤 性能試験 トップへ
※当サイト上の画像は画面による再現ですので、色、柄や縮尺などについてはサンプルまたは実物貼りの見本帳でご確認の上、商品の決定を行ってください。

 ▲